活動


繋ぐ本 blog

繋ぐ壁 blog

「つなぐ」シリーズは、2004年に始まったプロジェクトです。 色々な場所で、現場に落ちている枝などを焼いて木炭を作り、樹皮の表面に和紙をあて「樹拓」を採集してゆきます。 木の表面である樹皮を使って、人と大きな自然の流れの、その繋がりを表現したいと持っています。また、私は、もう一つのプロジェクトとして、2000年にフィラデルフィアで発表した、巨大な木の根の中から集めた3000個以上のレンガ片を、世界中の人と交換してきました。 さまざまな場所からの交換物(それは、時に大切なものであったり、そうでなかったりするのですが)それを透明なケースに収納し、積み上げて壁を作っています。それは、仕切る壁ではなく、一つ一つのアイデンティティを持ちながら、世界のあらゆる場所を繋ぐ、壁です。 世界中から交換されたオブジェクトは、地図に記載されてゆきます。 その地図を眺めることによって、出来上がった壁だけではなく、私が実際に交換したものの動線、私が媒体となって繋がってゆく壁の実態を見ることができます。

繋ぐ壁は2004年から行われている。

繋ぐ本はB2007年から行われている。